Salad Party「Blue Bear Magazine」

Blue Bear Inc.の公式ブログ「Blue Bear Magazine」。子どものファースト・トイの青い熊にちなんで編集ユニットBlue Bear Inc.が生まれました。「地球を耕す」ことを考えていきたいと思っているライター&アースカルティヴェイターのおおくにあきこが執筆しています。

一杯のチャイを飲まずして、汝、仕事にとりかかることなかれ。 と、インドの人が言ったかどうかは知らないけれど、きょうのABは、この一杯のチャイを飲まなくちゃ仕事をスタートできない。 締め切りが思い切り切羽詰っている快晴の昼下がり。 光野桃さんの『スピリチ ...

もっともシンプルでもっとも意表をつくサラダがあるとしたら、これ。 シンプルでおいしいものはたくさんある。けれどそこに、材料の奇抜さ、食べたときの衝撃。それらをかんがみるとき、これ以上のすごいレシピを私は知らない。 ・・・とまぁ、男性グルメ誌っぽく始め ...

鶏むね肉をカリっと揚げて、ナンプラーや砂糖で甘辛く味付け。タイ料理の定番ともいえるバジルの葉の素揚げとカシューナッツをたっぷりのせていただくお料理。 一昨日のSalad partyのためにさわ子さんが持ち寄ってくれたメニューのひとつ。 これは、鶏のもも肉ではくどす ...

昨年、息子のバスケ部・親子合宿というのが松本でありました。 全国大会にも出場した高3の子たちと知り合ったのはそのとき。 いっしょに体育館を走りました。 いい子たちだな!  父母たちとも交流ができて、そして、きょうは新年会。 イタリアンストランには、バス ...

あけおめ! ことよろ! というわけで、いつものメンバーが集まって、おいしいスタート! おいしいサラダ3種とグリル料理を用意。 いつものメンバーは、子ども服の通販をしているPCIのかほるさん&さや、料理家のさわ子さん、そしてスタイリストのえりちゃん。 ウェルカ ...

ときにABは、料理教室に行ったりもするんである。 「ウーさんの粉もの教室へいっしょに行きませんか?」とお誘いがきたのが昨年末。以前も西麻布の末富さんの料理教室に誘ってくださったCOBOさんである。 ウー・ウェンさんといえば、粉ものの天才。彼女のギョウザ ...

大きく切り取られた窓の向こうは一面の海。 仕事で伺った海の家。 このお宅に伺うと、いつも仕事モードはたちまち萎える。 海のオーラに支配されて、精神はたちまちのうちにたゆたう。 今日、思ったこと。 「日常にこそ上質を」。 これって女性雑誌の世界では100万 ...

スタッフが決まったら、さっそくコンセプト会議だ。 メンバーは翔泳社編集Sさん、スタイリストのマーガレット、デザイナーの辛嶋さん、ABの4人。レシピを作るジュリアンに提出するコンセプトをまず練り上げることからはじめた。 最初にスタッフを提案したときにSさ ...

快晴の中、一路、北アルプスのふもとへ。東京から松本まで、まったく渋滞のない中央フリーウェイ。ノンストップで走り抜ける。 車中の話題は同乗する3人が大好きな映画。 ロボコップ、死霊のはらわた、シャイニング…… 夜は温泉に入って、およばれ。焼いたタイや山陰 ...

あけましておめでとうございます。 ブルーベア家は、30日に一家大移動。猫までいっしょに 岐阜のじーちゃん、ばーちゃんちでお世話になっています。 大晦日は紅白歌合戦を見て、神社のどんどやきに行き、お祈りをしました。 お宮の中では宮司のじーちゃんが祝詞をあげ ...

↑このページのトップヘ