Salad Party「Blue Bear Magazine」

Blue Bear Inc.の公式ブログ「Blue Bear Magazine」。子どものファースト・トイの青い熊にちなんで編集ユニットBlue Bear Inc.が生まれました。「地球を耕す」ことを考えていきたいと思っているライター&アースカルティヴェイターのおおくにあきこが執筆しています。

年末の昼ごはんは、夜のお楽しみに備えて、来たるお正月の飽食に備えて、低カロリー作戦。 ふだんはこんにゃくって、あんまり好んで食べたりしないABだけど(ちなみにブルーベア家の男子たちはおでんのこんにゃくに目がないです)、下ゆでして、味をたっぷり含ませるため ...

この「チョコレートのお菓子」の本作りのお話を、翔泳社のSさんからいただいたのは、9月ごろ。Blue BearのHPをごらんになって、「これまでコンピュータ関連の本を作ってきた会社です。今度初めて、お菓子のMOOKを作るので、ぜひ、お願いしたいのです」というメールが。。 ...

今朝はきれいに晴れた。 ひとつのことが終わって、ほっと一息。 夕べは家族といつもの仲間のシェルターに包まれて、 インド料理をたんまり食べて、たんまり飲んだ。 このゆるゆるとした温かさに飢えていたな、つくづく。 ガツガツと遠慮なく食べた。文字通りガツガツ ...

去年、京都に行って購入した古い器。 シャープなのにどこかおっとりあったかい。ひとめ見て、我が家に連れて帰りたくなってしまった。 スェーデンの王立製陶会社「ロマーストランド」社の陶器というよりもポタリーという表現が似合う器。 1953年製造。 淡い黄みが ...

北海道へ行ってきました。 出会ったのは、いとしい馬たちと、天然記念物のオオワシ、釧路川のオショロコマを上手に捕まえたオジロワシ、タンチョウヅル、マガモ、カワアイサ……。 そして、『アイヌ神謡集』 「その昔、この広い北海道は私たちの祖先の自由の天地で ...

花野は秋の季語。そのことを知ったとき、野にとりどりの花が咲き競うのは、古来、春ではなく秋なのだと知りました。 仕事の合間を縫って、久々の温泉です。 松本の先にあるこの温泉は、今年2度目の来訪です。 先だっては初夏。 したたる緑でした。 今回はまさに花 ...

スーパーに行ったら、いんげんがやたら緑が濃くて瑞々しくて、おいしそうだったので、思わず手にとりました。 どうやって食べようかな。挽肉と炒めて中華にするのもいいけど、いんげんのあの香りをそのまんま味わいたいんだよなぁ……。 そうだ、蒸し野菜にしちゃえ。 ...

いちじくってとても官能的なフルーツ……と私の中にはインプットされている、いつのころからか、なぜか、そうなっている。 この季節は1日1個ずつ食べ続ける。今年の食べ方は、皮をむいて、食べやすい大きさに割って、グラスなどに入れて、ヤスダのドリンクヨーグルト(無 ...

北海道のマナーハウスでいただいた美味なる「ウニの器の中のにんじんのムース」。にんじんのムースの上にジュレと厚岸のウニがのった逸品。にんじんのムースが甘くておいしかったので、シェフにざっと作り方を伺ったのでした。 シェフ曰く「にんじんをバターで炒めて ...

昼間はまだまだセミの合唱だけど、夜になると秋の虫がリリリリ、ルルルルと鳴き始めるこの季節。きょうみたいな夜のごはんには、これ、揚げ茄子のサラダ。岐阜のおばあちゃんから、ツルツルの長茄子も届いたばかり。このレシピはブルーベア家の長年の定番です。 気温が落ち ...

↑このページのトップヘ