Salad Party「Blue Bear Magazine」

Blue Bear Inc.の公式ブログ「Blue Bear Magazine」。子どものファースト・トイの青い熊にちなんで編集ユニットBlue Bear Inc.が生まれました。「地球を耕す」ことを考えていきたいと思っているライター&アースカルティヴェイターのおおくにあきこが執筆しています。

目をつぶってひとなめすると、そのふわりとしたまろやかさに思わずうっとり。 「雪塩」が含むミネラルはたぶん、五味のバランスがとれているのだと思います。 石垣島には、ずばり「塩屋」という店があり、塩の試食をしながら、お気に入りの塩をみつけることができます ...

夏、Blue Bear家は沖縄・離島の旅に出ます。しばし、離島の、スローでヘルシーな味におつきあいくださいませ。 今回の旅のスロー&ヘルシー大賞に輝いたのは、これ! もちっとした手作りの5色の皮のぎょうざ。石垣ラー油で有名な「辺銀食堂」のぎょうざです。 石垣 ...

北海道の道東にある全8室の小さなマナーハウス。 Max8組の客のために用意されている贅沢な料理の数々。サラダやベリーはすべてその庭で栽培され、厚岸のカキやウニ、ボタンエビなどの魚介、地豚や鹿など地のモノをふんだんにテーブルに載せています。 さて、今夏の ...

万葉集でも夏の季語として詠われているじゅんさい。ぷるるんとしたゼリー状の膜におおわれているプチプチした食感が魅力。湖や沼に自生している蓮の仲間の水生植物の芽の部分なのだそうです。 いつ摘むかによって大きさが違いますが、先日、「すえとみ」さんの料理教室で ...

このごろ野菜が足りてないな。 そんなとき、朝ごはんに、夕ご飯の前菜に、こんなさっぱりしたガスパチョがおすすめです。なにしろ、トマト、きゅうり、ピーマンなど夏野菜がどっさり! パリで流行っているって前回の記事で書きました。たとえばマルシェに行くと、ガスパ ...

いよいよ東京へと旅立つ日。 旅先では、いつも最後までジタバタして、執念燃やして、おいしいもので締めくくりたい徹頭徹尾食いしんぼう。 さて、締めくくりのランチは念願のピエール・ガルニエールのセカンド店「GAYA」へ。Rue de Bac交差点近くにあるこの店。外観はごく ...

土曜日と水曜日に開かれるイエナのマルシェにチボーさんの野菜が出る。 ギー・サボアをはじめ、三ツ星レストランのシェフたちにもリスペクトされているジョエル・チボーさん。 サンジェルマンにあるze kitchen galerieで、チボーさんのいろいろ野菜のグリルを食べたら、ひ ...

Paris7区に昨年6月にオープンした「ケ・ブランリー」には、ひとことでは説明できない魅力がいっぱい。なんだろう、このデジャヴ。なんだろう、このわくわく感。なんだろう、この親近感。アジア、アフリカのプリミティヴ・アートが光の中に浮かび上がるように配置されたここ ...

近所のおいしいパンやさんでみんなでパンを買って、やまもとさんちでおしゃべりランチ。そんなときに「どうぞ!」と出してくださったのがこのサラダとせん切り野菜のスープ。「このサラダはね、グレープフルーツでもおいしいけれど、季節の柑橘ならなんでもいいのよ」とやま ...

大好きなこの宿を訪れたのはおよそ7ヶ月ぶり。 「私はこの季節が待ち遠しくて待ち遠しくて仕方がないんですよ。本当に、今がいちばんいい季節だと思っていますっ」と、まだ若い宿のご主人が歯切れよくおっしゃいました。さまざまな緑のグラデーションに包まれるこの絶好の ...

↑このページのトップヘ