エクストラライト甘そうなのにな。でも激辛でごめん・・・・・・そう、ABはどっちかというと辛口な人間なのかもしれません(~_~;)

ってんで、そんな自分を持て余し、くしゃくしゃぽいってしたい気持ちになりながら、今朝は苦みばしった気持ちで朝ごはんです。
目覚めたときから、メニューは決まっていました。
トーストしたパンにバターたっぷり、ア〜ンド、甘い甘いメープルシロップ。
スイートな気分に包まれて、スイートな人間像を夢見るプログラムです(たぶんこのおいしくない性格は一生直らないとわかりつつも)。

このメープルシロップは、カナダ、ケベック州にあるラ・フェルメ・マルティネット社の砂糖楓の森を訪れたときに買ってきたエクストラライト。
メープルシロップは、その光の透過度で5つのカテゴリーに分けられる。5つのうちもっともクリアで、光の透過率75%以上の、最上級とされるのがエクストラライトだ。ミネラル分が多く混じるとアンバーやダークというカテゴリーになって、これはこれで使い方次第だけど、樹液なのに、こんなにもピュアで澄んでいるという、そのことだけでエクストラライトは宝石みたいに貴重な存在に思えてくる。
ラ・フェルメ・マルティネットの森は、樹齢百年以上の楓ばかりで、土とその下に流れる地下水を、オーガニックで、ピュアな状態に、誠実に頑固に守ってきたゆえの美しい樹液なのだ。

エクストラライトでも、缶入りならとってもリーズナブル。しかも割れないからスーツケースに内蔵OK。帰ってきてガラス瓶に移しました。

カップ&ソーサーミルクティーは、先日、半年遅れのお誕生日オメデトウ、と、仲間がくれたカップ&ソーサー。めちゃ気に入ってます! とくにこのソーサーの優しい水色。ミルクティーを飲み終わるとね、ほら、プカプカ水に浮いている子が現れて。ソーサーの模様は水の波紋だったというわけ。ふぅ、限りなく、なごむな〜

Creation Gallery 2007「お茶にしませんか?」に出品した福島治さんの作品だそうです。