RIMG1014




アンナプルナベースキャンプ。

通称ABC。

標高4130メートル。


アンナプルナ内院とも呼ばれるサンクチュアリ(聖域)にあり、ここではノンベジのネパール人も肉を口にしないという。

なぜ、アンナプルナベースキャンプを目的地に決めたのか?

トレッキング初心者の私にとってヒマラヤトレッキングは、正直、現実感が薄かった。

地球の歩き方をチラチラと飛ばし読みして、真っ先に行ってみたいと思ったのが「アンナプルナ内院」だった。

アンナプルナの頂のひとつ、アンナプルナ気鷲弦8091メートル。
この地球上には標高8000メートルを超える「8000メートル峰」が14あるそうだ。エベレスト、K2、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカルー、チョ・オユー、ダウラギリ、マナスル、ナンガ・パルバット、そしてアンナプルナ。世界で10番目に高いアンナプルナの麓のベースキャンプ。アンナプルナはもちろん、ガンガプルナ7454メートルや神の山として讃えられるマチャプチャレ6993メートルなど、世界に名だたる峰を、まるで手で触れられるほどの間近に見ることができる。

あー、行ってみたい。
この世界にそんな場所があるならぜひ見てみたい、感じてみたい、身を置いてみたい。
行かずに死にたくないよー。


出発1か月ほど前のある日、スカイプで、インドにいるわが山の師okazuセンセイにこう問うてみた。

akko「今度のトレッキングですが、アンナプルナ内院のコースはどうですかね?」

okazu「うーむ(そうきたか〜、、、という声)それは相当、ハードルが高いんじゃないかな。そりゃ、行ければ行きたいけどね。日程的にもぎりぎりだし。入域許可を取ったりしていると出発するまでに時間も必要だしね」

akko「そっか、なるほど。でも行ってみたいから、行けるようにがんばりまする!」

その日から私のトレーニングは本格化した。
スクワット120〜150回(とある形成外科の療法士さんに習ったやり方)。
クランチ120回。
重い荷物のための胸筋、背筋、二の腕のためのウェイト30回。

ワンゲル出身のokazuセンセイは言います。
「そんなトレーニングより荷物を背負って、実際に歩く方がいいんだけど」と。
けど、そんな時間はないので、原稿書きの合間などに1日30分ほどのエクササイズを続けるしかなかった。

1か月続けた結果……腿がドッカンと太くなりました。見事でした(汗)


merrell

さて、時間はワープしますが、
内院への道は険しかったです。
想定外のことだらけでした。

たとえば、前回のラダックでのトレッキングのために買った「MERRELL(メレル)」のレザーシューズには、たちまち年季が入りました。
写真は帰国して撮ったものです。

ちなみにこのレザートレッキングシューズは、1981年に北米でもっとも機能的で快適な靴に選ばれたモデルの日本限定復刻版だそう。
このかわいさに脱帽してゲット。。。散財(涙)
http://www.merrell.jp/product/outventure/outventure2.html

こんなにごっついレザーシューズにもかかわらず、右足の親指のツメに縦に亀裂が入りました。

ハイカットの当たる足首の一部が腫れてズキズキになりました。

しかしもっとも想定外だったのは、とてつもなく楽しかったことだ。そして死ぬほどきれいだったこと。行く前と後で自分がすっかり変われたこと。



7泊8日のコースは以下のとおり。

9月30日(1日目) Pokharaポカラ(800m)〜Nayapulナヤプル(クルマ移動)
         Nayapulナヤプル〜Hilleヒレ ☆6時間ほどの行程

10月1日(2日目) Hilleヒレ〜Ghorepaniゴレパニ(2853m)☆7時間ほどの行程
10月2日(3日目) Ghorepani〜Poon Hillプーンヒル(3198m)〜Tadapaniタダパニ(2721m)☆8時間ほどの行程
10月3日(4日目) Tadapani〜Landrungランドルン(1646m)〜Chomrongチョムロン(1951m) ※なんで2800まで登ったのに、1600まで下りないと行けないんだろうか!?(素朴な、というか、かなり強い疑問というか文句というか・・・)☆6時間ほどの行程
10月4日(5日目) Chomrong〜Himaraya Hotelヒマラヤホテル(2873m)☆7時間ほどの行程
10月5日(6日目) Himaraya Hotel〜Annapurna B.C.アンナプルナベースキャンプ(4130m)!!☆ひたすら登って登る6時間ほどの行程
10月6日(7日目) Annapurna B.C.〜jhinuジヌー(1760m)☆9時間半ほどの行程
10月7日(8日目) jhinu〜Nayapul クルマでPokharaへ ☆6時間半ほどの行程

7泊8日のトレッキング。
実際に歩いてみて、準備に大切だったこと、実際に持って行って便利だったグッズ紹介、歩いてみての思いなどをトレッキングノートとしてこれから少しずつ綴ってみようと思います。