RIMG0572re
家族が同じ形をして寝ていることがよくある。
我が家の猫たちが同じ形をしていることもよくある。

なぜだろう。

たぶん、そういう形がしたい空気とか、外にいるカラスとか、何かがあるのだろう。

我が家のジブラルタル(左・元女子)と、茶太郎(元男子)である。

かわいいのだけど、ときどきうちに来る息子2の友達がアレルギーで、
目を真っ赤にしたり、コンコンせきしたりすると、あー、かわいそう、ごめんねって思う。
なんでこのヒトたちはけばだっているのか。。。

RIMG0575re
ドローイングの展示@island MEDIUMで、ヒラクさんの作品に出会ったのが、この前の火曜日だった。

すごくないですか?

RIMG0493re
ちなみにその夜のごはん。
昼、インド人アーティストで、今日本でレジデンスをしているSreejata Royさんとランチしたのだけど、待ち合わせていた「3331」のカフェがお休みで、さてどうしようと思っていたら、
Sreejataさんが、「よいところがあるのよ、“ココ”へ行きましょう!」という。
実は、近くの中華料理店へ行こうと思っていた私たちは、「あ、そ、そうですか、、」と。
そして、彼女が颯爽と入って行った先は、カレー専門店「CoCo壱番屋」でした。
おぉー、と、思った私たちでした(^_^;)

で、どうしてこの話が出たかというと、その夜は、あっさりしたものが食べたくて、
あっさりしたものというのが、このさんまごはんなのでした。
土鍋で焚いたショウガ風味の炊き込みごはんの炊きあがり直前に
グリルした北海道のさんまを入れて、さくっとかき混ぜます。
大根おろしと万能ねぎを散らして、出来上がり。

京都の割烹で教わった味。かなりいけます。
あ、ちなみに、炊き込みごはんは淡口しょうゆで味が決まります。
京都らしいでしょ。