fo1
アジアの旅行で、
ローカルな人々に混じってローカルな味を楽しむことくらい楽しいことはない。

ベトナムに行ったときも、湿度も温度もはんぱない中で食べたフォーの美味しかったこと!
fo2

ローカルな大衆店と観光客向けの店の違いは歴然としている。
外の暑さを遮断する扉があるかないか。
あと、お風呂屋さんの椅子みたいなプラスチックの椅子があればローカルの印。
おいしければ、地元のセレブだろうが、初デートだろうが、大衆店に食べに行く、
ベトナムのそういう美食感覚って、かっこいい。

なんで急にベトナムかっていうと、
今日が久々に暑いこともあるけど、
ベトナム紀行の記事が書店に出たということもあって。
集英社の『LEE』10月号です(ちょっとだけ宣伝)。
ローカルの香りムンムン。だけど、とても美しい、そんな特集に仕上がっております☆
ちなみに表紙の撮影も、ホアンキエム湖のほとりでしたのでした。