RIMG0135
ワルリ画家のバルーさんの家にお邪魔した。
バルーさんちは、昔ながらのワルリ族の家だ。
竹を組み合わせて土を塗込めた壁。
RIMG0136
描きかけの絵。
物語の始まりは馬に乗った領主。

RIMG0146
この家は実は建てたばかり。
最初に立てた柱に、聖なる葉を巻き付けてお祈りした。
その名残りがある。
大きな家にはしきりがなく、この中で家族7人が寝ている。

RIMG0139
祭りの時だけ音を出すことが許されているタルパーが屋根にかけられている。

バルーさんの兄弟には、シャーマンがいて、
バルーさんは、神様に捧げるタルパーを作って吹く人で・・・
バルーさんファミリーは、神様に近い人たちなのかもしれない。
この家の周りに、なんとなくそんな空気が漂っているのだ。