写真-18
『LEE』表紙の人インタビュー、
『eclat』ガーデンページ、
『Ony va』(WAFを取材していただいた)掲載誌。
『ESSE』暮らしのページ。(6日発売)

大学時代にバイトからスタートしたライター仕事。
こんなに長くやっていても、取材の前日は、
いつものことだけど、
準備に十分時間がとれていない焦りとあいまって、緊張する。
どれだけ下準備しても足りない気分になる。
原稿を上げたら上げたで、
編集さんの直しが入って、ぎゃふんって気分になって、
直して欲しいと思っている以上の直しをしようとふんばって。
つまり、それがずばりこの仕事です。
印刷に回ればそこで終わってしまって、掲載誌はぱっと斜め読みするだけ。
この仕事に愛があるのか、というとわからない。
千本ノックのようにきた玉を必死で打ち返すのみ、ってことかもしれない。
なるべく丁寧に打ち返そう、それがせめてもの矜持。

でも。
次の仕事にわくわくする気持ちは最初のころと変わらないんだよね。