写真-8
藍染めのウールは意外にめずらしいのかもしれません。
北インド、ヒマーチャルのもうひとつの工房から届いたアンゴラウールのアイテム。
レッグウォーマーはゆるめに編んでもらったので、優しくたっぷりしたフィット感です。
藍染めストールはエリシルクという野蚕のざくざくした風合いの絹とアンゴラを1本の糸に紡ぎ、
手織りにして、藍で染めたものです。少し光沢があって、透け感もある。
とても温かいけれど、夏場のクーラーのときにも活躍しそうな1点です。
DSC01859
工房の女性たちは賑やかにおしゃべりしながら編んでいました。
DSC01902
この工房は、自分のファームでブリーディングしたアンゴラウサギのウールのみ使用。とてもきれいなウサギ小屋で、毛はもっふもふ!80日に1回毛刈りができるそう。冬の方が伸びるのが早いとのことです。

アンゴラとシルクの手つむぎ手織りのショール ¥6000(税抜き)
アンゴラウールの手つむぎ手編みのレッグウォーマー ¥3800(税抜き)
jan_dm_back
「ツォモリリ」の新作展示会はいよいよ今週金曜日、土曜日です! みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げています。