写真-24
一昨日インドから届きたて、
「藍染めカディ」は旅する布たち。

そもそもカディとは。
インド独立の父、ガンディーさんが提唱した布。
輸入した布ではなく、自分たちで紡ぎ、織った布を纏おう、と。
糸を紡ぐチャルカがインドの国旗の中央にあるように、
カディはインドの自由の象徴なのです。

ウッタルプラデーシュ州で紡ぎ織ってもらっている白いカディは
ツォモリリの定番ですが、
このカディをはるかラジャスターン州の泥藍染めの村まで届け、
ドット柄とロータス柄の木版をセレクトさせてもらい、
ハンドプリントしてもらった泥藍染めがこの布。
旅する布たち、なのです。
今回は夜行バスに揺られて旅したカディたちです。

今シーズンの初めにたちまちソルドアウトした藍染めカディの
マイナーチェンジ。
まわりの額縁をなくし総柄にして、よりカジュアルに。
旅するカディなので、運ぶ量に限界があり、ごく少数の販売となります。
馬喰町のボタンショップCO-のギャラリーで開催中の
「ツォモリリの夏〜ときが育んだインドの手仕事たち」の後半戦に
新たにエントリーします!

・・・・・・・・・・・・・・
コレクタブルやアンティークのボタン専門店「CO-」に併設されたギャラリーで開催するツォモリリ夏の展示・販売会。ボタンの価値を再認識させられる「CO-」での展示は3回目です。
各地で展示会を開催してきたツォモリリですが、今回の「CO-」での展示に向けて、手刺繍や泥藍染めなど、新しく買い付けた総力結集のアイテムが勢揃いします。ツォモリリファンの方も、初めてツォモリリを知る方も必見です。ぜひ、見に来てください。

とき 7月7日(火)〜7月18日(土)※7月12日(日)は定休日のためお休みです。12:00〜19:00
ところ 千代田区東神田1丁目 8 番 11 号 森 波 ビル 1F
JR総武線快速 馬喰町駅 西口(出口2) 徒歩3分
都営新宿線 馬喰横山駅(出口2) 徒歩3分
都営浅草線 東日本橋駅(出口A1) 徒歩5分
*上記3駅は地下通路で繋がっています。JR馬喰町駅西口の「出口2」が、一番近い出口となります。
CO- http://co-ws.com/

※ツォモリリの収益は、インド農村部で開催する芸術祭「ウォールアートフェスティバル」およびワルリ族の村で持続可能なコミュニティづくりを実践している「ノコプロジェクト」の運営費となります。
ウォールアートプロジェクトhttp://wallartproject.net